Cross Word

こちらに移転してきました。よろしくお願いします。
小説・コミック・ゲーム・雑貨などなど、いろんなものをご紹介。
レビューはネタバレご注意を。
<< 君に届け 13 | main | earth music&ecology×PS 2WAY BAG Specialコラボ >>
死神姫の再婚 -私の可愛い王子様-
恋敵(?)な王子様登場の巻。
JUGEMテーマ:ライトノベル

にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング
[Amazonより]
死神姫と踊るのはどちらの王子様──?
暴君夫VS美貌の独裁者が繰り広げる究極の心理戦!!
アリシアの実家である“フェイトリンの
お屋敷”を売ってほしい──。
成り上がり貴族の集合体・フェイトリン五家の最下位であるロベル家が、
招待状とともにもちかけてきたのは突然の売買話。
珍しく心配顔になったアリシアと
何かきな臭い罠を感じたカシュヴァーンたちは一路、ロベル家へ。
訪れた先ではなぜか華やかな舞踏会が開催されており……?
しかも会場を仕切るのはカシュヴァーンの天敵・ジスカルド。
王子様然とした完全無欠の美貌男は死神妻に魔の手をのばし、
暴君夫と心理戦を繰り広げる ──!?



カシュヴァーンvsジスカルド。
アリシア側の描写が多いので、
どんな戦いが行われていたのかはわかりませんが
(カシュヴァーンがいびられてたらしい)
カシュヴァーンと手を組もうと持ちかけているジスカルドは
アリシアに手を出そう急接近。
それに気づきつつも、口を出せないカシュヴァーンは、
元王女でジスカルドの妻エルフィーナといい感じ。

アリシアに手を出すなと言いたいけれど、
ジスカルドに歯向かえば、戦争になりかねない。
領土を焼かせるわけには行かない。

けれど、イライラはつのり、結局爆発。
一触即発の事態に・・・!!

それを収めたのは、エルフィーナ。
彼女の一言でその場は治まったものの、
火種は残り・・・。以下次巻へ。





| [・・本・・・・・・・] ライトノベル(文庫) | comments(0) | trackbacks(0) |









http://book.kyotowalk.com/trackback/121


SEARCH

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
おすすめ
Others
  • SEOブログパーツ
SEO
購入方法・換金方法
LINKS
OTHERS